思いっきり遊べる環境

安心して遊べる環境

自由に遊ぶ

子どもたちは無邪気です。園庭を駆け回ったり、ボールや遊具で遊んだりします。私たちの園では、そんな無邪気さを守るために、子どもがぶつかりそうな壁の角にクッションをつけたり、飛散防止のLEDを設置したり、いつも危険な箇所が無いか目を光らせ、安心して子どもたちが存分に、力いっぱい遊べる環境づくりに努めています。

自然を感じる環境

自分で育てる

園内にある畑で、子どもたちは自分で四季折々の草花の種をまき、野菜や果物の苗を育て、その作物を収穫することで、自分で育てる喜びを感じます。いつもは食べられない野菜も、自分が育てたものだと自然に、嬉しそうに食べています。子どもたちは、自然と身近に感じられる環境で、優しさや物を大切にする感性が磨かれていきます。

快適に生活できる環境

好奇心を育む

私たちの園では、たくさんの子どもたちが快適に生活できるツールを用意しています。例えば乳児期の午睡(昼寝)の時の専用ハンモックベッド、衛生面に配慮した玩具用の殺菌庫、一人で集中できる個人机。私たちはそれらのツールを、最大限に活用して、快適な環境づくりをしています。

楽しく食事ができる環境 ~当園の食器は全て陶器~

私たちの給食では、扱いの簡単な樹脂製の食器ではなく陶器の食器を使い、出来るだけ家庭の食卓と同じ環境づくりをしています。また乳児が自分で食べやすいように、ワンプレート使って、子どもが意欲的に食事をできる環境づくりをしています。