感性を豊かに~感動体験が心を育てる~

好奇心豊かに ~感触 手触り 五感で感じる~

乳児期の子どもたちは興味がいっぱいです。 手にするものすべてが初めてのものばかりです。子どもたちは手触りや感触を確かめながら、物に触ったり、投げたり、押し込んだり、はめたりします。そんな何気ない遊びを通して身体の五感を高めていきます。 私たちの園では乳児が安心して、何気ない遊びが存分に出来るように、保育教諭の温かな見守りと興味や関心を惹く木の温かみが感じられる木の玩具を用意しています。

幼児期の子どもは創造性豊かです。
私たち園では、子どもたちが遊びを連続して続けていける、『コーナー遊び』を導入しています。園生活では、遊びを中断しないといけない場面がたくさんありますが、遊びの続きができるように、作りかけの玩具をそのままにおいて置けるコーナーを設けることで、子どもの遊びが連続し、私たちを驚かせる名作を作り上げるのです。

学び豊かに

ここを卒園すると子どもたちは、次に小学校に入学します。 今までの『遊びの中の学び』から、『机の上の学び』に変わってしまいます。その学びの変化に対応できるように、当園では5歳児からは一人机を使い、徐々に小学校での学びの準備を行います。時にはみんなで楽しく遊び、時には一人一人が集中して先生の話を聞く。そんなメリハリを小学校入学に向けて、5歳児から日常に取り入れています。

表情豊かに

いろんなことを体験し、豊かな笑顔を絶やしません。 私たちの園では、英会話、体育指導、キッズダンス、スイミング、お茶作法など、子どもの興味や関心を育む体験をたくさん用意しています。しかし、子どもたちの専門分野の習得を私たちは目的としていません。子どもたちがたくさんの体験を笑顔で楽しむ。その笑顔が子どもの興味関心が持続する原動力になります。私たちは子どもにそんな笑顔の溢れる体験をたくさん提供することで、子どもの可能性を広げていきます。